横山大観展

2016年秋季展 「横山大観」 が9月10日から始まり、早くも1か月が経とうとしています。

近代日本美術界において、至宝、巨星、巨匠、大家、第一人者と冠される枕詞そのままに、いまもなお人々に支持され愛される横山大観。大観といえば、生涯に1500点も描いたとされる富士山の絵が有名ですが、花や鳥を描いても気品ある作調で好評を博し、また歴史画では、斬新な発想のもと飄逸な人物描写も見せたりもしました。

その大観と講談社の初代社長野間清治との交流が生んだ、野間コレクションに収蔵される大観の作品群。

本展では、若き日の千利休の逸話を題材にした名作「千与四郎」をはじめ、関東大震災に関しての野間の求めに応じ描かれた『対象大震災大火災』表紙原画など、大観の画業が充実した大正期の作品を中心に展示いたします。
さらに、大観と同時代に日本美術院を舞台に活躍した画家、下村観山、木村武山、安田靫彦らの佳作も併せてご堪能いただきます。

横山大観展は10月23日(日)までです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nomamuseum

Author:nomamuseum
講談社野間記念館は講談社の創業90周年を記念して設立されました。講談社創業者の野間清治が大正から昭和初期にかけて収集した「野間コレクション」、明治から昭和にかけての「出版文化資料」、講談社とゆかり深い画家の「村上豊作品群」などの珠玉の作品が展示されています。閑静な目白の杜に囲まれながら憩いのひと時をお過ごしください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR